15日 8月 2017
ダルマ 宗教・法・実践・正義・義務・・・ 写真はダルマチャクラと言って日本語だと法輪と言われます。 インドの国旗の真ん中にあるあれです。 ヨガはインド発祥です。 つまり、このダルマの捉え方が、ヨガの理解のポイントです。 日本人の私たちからすると、 宗教=法則=正義=義務 これが理解出来ないのでは??? と思います。...

15日 8月 2017
サティヤとは真実のこと。 真実・誠実・善・美徳・・・ 「自明の理」などの意味もあります。 そこから「正直」という意味になるのですが、 単純に「嘘をつかない」というだけでなく、理に逆らわずに生きるとも言えます。 つまり、ダルマです。 他人に嘘を言わない。 これだけでも結構難しいものです。...


14日 8月 2017
アヒムサー(非暴力) ヨガを志す人なら、絶対に知っていてほし言葉です。 ヨガの8支則(アシュタンガ)の1番目「ヤマ(禁戒)」の更に1番目に登場します。 つまり、これが無ければヨガは始まりません。 それほど重要な項目です。 アヒムサーは不殺生とも訳されます。 精進料理は同じインドを発祥とする仏教経由で日本にも根付いた文化です。...

13日 8月 2017
○○三昧・・・ なんて言い方しますよね。 つまり、○○漬け、みたいな意味です。 ある事柄に集中し続けてたら、それと一つになっちゃった! みたいな感じですね。 三昧という言葉はサンスクリット語の「サマーディ」の音訳です。 仏教用語として日本に伝わり、一般に使われるようになった言葉は実は数多く存在します。 ①集中 それが持続すると・・・ ②瞑想...


13日 8月 2017
ヤマは一般的に「禁戒」と訳してあるので、字のごとく「禁止の戒律」つまり「やってはいけない規則!」と思われがちです。 実際、統制・抑制などの意味を持つヤマという言葉なので禁戒が間違いではありません。 しかしもう少し、積極的な意味合いで捉えてみるといいかもしれません。 ヨガは基本的に自主的な行為です。 禁止事項の取り組みも、...

13日 8月 2017
感覚器官を制御する・・・ 感覚器官(目・耳・鼻・舌・皮膚)つまり五感を感じる器官の事です。 これらは、外の物事を対象にしています。 ヨガは内観と言われるように、内を観察する練習です。 つまり自分が対象です。 その為には、感覚器官を内に向ける、引っ込める必要があります。 「亀が手足や頭を甲羅に引っ込めるように・・・」...


13日 8月 2017
呼吸法ではなく調気法だと言われます。 プラーナは日本人的に解り易い表現は「気・氣」だと思います。 呼吸をコントロールすると、気持ちが落ち着いたり、昂ったり、疲労が回復して元気になったり・・・ 呼吸が浅いと病気の原因になったりしますね。 気持ち・元気・病気・・・ 気という言葉が使われます。 これがプラーナです。...

13日 8月 2017
ヨガには永い歴史があり、非常に古い行法です。 その為、それをヒントにしたエクササイズもあり似たような物は沢山あります。 ストレッチとして現代では知らない人はいないと思われるエクササイズも元はヨガのアーサナを参考にしたと言われています。 ヨガとストレッチが似ているのは当たり前ですね。...


11日 8月 2017
私って一体何者なんだろう??? そんな事考えた事はありませんか? 私はどこからやってきて、死んだらどうなるのかな??? 子供の頃には考えたけど、大人になったらそんな事考えても分からないんだから、今を楽しめばいいよね! と、都合よく合理的になっていきます。 そして、それを「大人になる」なんて言ったりします。...

11日 8月 2017
本来は「ヨーガ」ですね。 しかし、日本語としてヨガが普及してますので、普通の会話ではヨガで良いでしょう。 ヨガは「繋ぐ」という意味で・・・ という様な説明は一般の方も聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。 確かに語源はそうですね。 しかし、ヨガという言葉自体はそんなに単純ではないかもしれません。...


さらに表示する